祝儀袋の書き方

祝儀袋の表書きはボールペンや万年筆で書くのはマナー違反です。祝儀袋の表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使って、濃い墨で書くのがマナーです。薄い墨で書くのは仏事の書き方で失礼になります。

中に入れるお金は「新札」」にしましょう。新札にする理由は、結婚式を楽しみに待っているというしるしになります。

表書きは「寿」「御結婚御祝」「御祝」になります。

個人名の場合は
熨斗1.bmp
水引の結び目の中央上に上書きし、名前は中央下にフルネームで上書きよりやや小さめに書きます。


連名の場合は
熨斗2.bmp
右側に地位・年齢の上の人の名前を書き、順番に左に向かって書いていきます。


連名で宛名入りの場合
熨斗.bmp


グループの場合
熨斗4.bmp
人数が多くて連名が出来ない場合は、代表者の名前を中央下に書き、左側に「外一同」と書き添えます。内袋に全員の名前を書くと良いでしょうね。


会社名を記入する場合
熨斗5.bmp
会社名を記入する場合は、名前の右に少し小さめの字で書いてください。
| 祝福

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。